いろいろな視点から物を考えてビジネスに活用しよう

窓ガラスの交換

窓ガラスの交換手順と気を付ける事

日本の高断熱住宅においても、熱量の出入りが1番多いのは窓だと言われています。 特に、冬場においては、流入する寒気の半分以上が窓からとされています。その為、開口部の断熱性能や断熱効果を上げるリフォームを行う方が多くなっています。 既存のサッシを断熱性能の高いペアガラスクラッドサッシなどに交換するリフォームは、施工費用が大きくなるので窓ガラスだけを交換する方も多くなって来ています。 窓ガラスの交換の手順は、サッシの型番をガラスメーカーに連絡すれば、希望するガラスを手に入れる事が出来ます。 後は、サッシを外し分解すれば良いのですが、窓ガラスを止めるグレチャンが嵌り難いケースがあります。 又、サッシの幅によっては、ペアガラスに交換する際にアタッチメントが必要となるケースがありますが、その場合は網戸とのクリアランスに注意する必要があります。

窓ガラスの種類の説明とトレンド

高度経済成長期に建設された大部分の建物は、片面に硅砂などで摺り加工された不透明のスリ板ガラスや片面に型模様をつけた型板ガラス、一般的な透明のフロート板ガラスなどのシングルの窓ガラスが使用されています。 ECOという社会風潮により窓ガラスを交換する中高年が増えています。 窓ガラスの交換に用いられるガラスのトレンドとしては、防犯ガラスや強化ガラス、合わせガラスなどのペアガラスがほとんどです。 強化ガラスは、フロート板ガラスを約700度程度に加熱し、急速に冷やして加工されます。強度は、3倍から5倍になります。 合わせガラスや防犯ガラスは、ガラスの間に柔軟で強靭な特殊フィルムやボリカーボネートシートなどの中間膜を挟み、高温で圧着します。割れても飛散しない安全性や紫外線カット、防音効果などに優れています。 中高年層は、ECOだけで無く、防犯にも備える傾向があります。 豆知識として、室内側のガラスに特殊金属被膜をコーティングして、室外の太陽光の熱を取り入れながら室内の暖房エネルギーを反射する高断熱複層ガラスやペアガラスの間に熱伝導率の低い希ガスなどが封入されているガラスも市販されています。