いろいろな視点から物を考えてビジネスに活用しよう

防犯対策をしっかりと

そのドア開けて大丈夫ですか

ふとした気持ちの隙間や不安、お得感を利用した悪徳商法やセールス、詐欺は昔から多くありました。しかし被害数は昔より今のほうが多いのです。 その理由は核家族化や高齢者の一人住まいなど、その場で勧められた商品やうまい話についてどうかを相談する相手がいない事や、多くの目でおかしい所を見抜く事が出来ないためです。 最近では名簿業者という商売が成立している事からみてもわかるように、住所や家族構成などの個人情報がほぼ筒抜けの時代ですので、やましい業者は特に一人を説得すればよい家を狙ってやってくるのです。 チャイムだけでは誰が何の用事で訪れたのか知る事できず、玄関まで行って確認しなければなりません。ですがドアをあけてしまい中に入られてしまうと、相手は買う気のない人に買わせる説得のプロですから、思わぬ被害にあってしまう事があるのです。

インターホンの取り付けで危険を回避

インターホンがあれば、玄関に行かなくても訪れた人と内容が確認でき、身分証の提示を画面越しに求める事も出来ます。 インターホンがあった方が安全とは知りながら、配線工事も必要なインターホン取り付けに、価格面で折り合いがつかなかったり、賃貸物件なので取り付け工事が難しかったりと、玄関はチェーンを付けたまま開ける事にしてチャイムのままでも良いかと思ってしまう気持ちもわかります。 しかし今は取り付け工事が必要ないタイプのインターホンも発売されています。取り付け不要でなおかつ1つのカメラに対して複数のモニターと接続できるので、キッチンでリビングで書斎で便利に確認しながら来客や安全を確保する事が出来ます。手軽な取り付けが可能になった今が設置を検討されてはいかがでしょうか。